ホテルや旅館などの業界で働きたい人へ。
ホテル、旅館の一日のお仕事の流れを紹介します。


ホテル、旅館でのお仕事事情

ホテル業界に憧れを抱き、そこで働きたいと思っている人はたくさんいるでしょう。
ホテルや旅館は割と人気の業種であり、そこで働くための専門学校があるくらいです。

しかし、ホテルや旅館は一見簡単そうに見えるのですが、実はそうではありません。
なかなか多忙なスケジュールで、細やかな気配りやサービス精神が問われる仕事です。決して楽な気持ちでとりかかれるものではありません。
ですが、やりがいは非常に大きく、利用したお客さんが笑顔で帰っているのを見るとホッとした気分になることでしょう。

ホテルは大変ですが、その分得られるものが大きいのです。
では、ホテルや旅館では主にどんな仕事をするのでしょうか。


いろんな宿泊施設が

ホテル、旅館は細かく分けるといろんな区分があります。
一般的なビジネスホテルやシティホテル、旅館以外にも、ペンションや民宿、キャンプ場、ラブホテルなど、宿泊施設だけでもかなりの数があることが分かります。
お客さんをもてなす点では同じですが、一日の流れが異なっていることもあり、忙しさも違います。
特にラブホテルの場合は回転率が求められますし、キャンプ場ではアウトドアに関する雑用もこなさなければいけません。
全てが同じ仕事ではないことを覚えておくといいでしょう。


ホテルで働くということ

ホテル業界はサービス業です。
多忙なスケジュールですし、繁忙期になるとまともに休めないこともあるでしょう。体を壊してしまう人も中にはいます。
ですが、ホテルで働くことは悪いことではありません。
いろんな宿泊客と触れ合い、いろんな世界を知ることもできますし、お客さんのために頑張りたい、何かしてあげたいという気持ちが働きます。
ホテルで働くことはとてもいいことです。
ですので、ホテル業界で働きたい人はまず仕事の流れを事前に把握しておくといいでしょう。

神戸のおすすめホテル:ホテルラ・スイート神戸ハーバーランド