ホテルの仕事

ホテルの仕事の流れ

ビジネスホテルやシティホテルなど、街のいたるところにあるホテルの仕事の流れを解説します。
多忙ですが、やりがいのあるお仕事です。


ホテルのお仕事事情

宿泊客を気持ちよく迎えてくれるホテルの一日の流れはどのような感じなのでしょう?
各ホテルによって動きは様々ですが、基本的な一日の仕事の流れは同じです。

シティホテルやビジネスホテルなどの一日はどのように流れているのか、少し調べてみました。


チェックアウトは大忙し

担当部署にもよりますが、朝食準備にあたるシェフであれば、まだ朝日が昇っていない時間帯から作業開始しています。
一般的には、7時くらいから朝食OKのところがほとんどですが、朝早くチェックアウトする宿泊客もいる為、規模の大きいホテルであれば6時半くらいから朝食可能なことも。
従業員のミーティングは、朝食タイムが落ち着いてから行われることが多いようで、その際に宿泊客の詳しい情報や準備事項をスタッフ同士で共有するのだそうです。

宿泊客がチェックアウトする9:00頃から11:00頃は、清算やお見送り、宿泊客の忘れ物点検などで、どの部署も大忙し。
チェックアウト後は速やかに客室の清掃に入り、その日の午後にチェックインする新たな宿泊客を迎え入れる為に、備品確認やメンテナンス、ベッドメイキングなどを行います。
少し仕事が落ち着いたら、昼食や休憩を取るようです。


夕食までの間は、お出迎えや細々した仕事をこなす

チェックインは15時くらいから開始されることが多いのですが、実際のチェックインは宿泊客により様々なので、一度に込み合うことはあまりありません。
ですから、お出迎えの合間に予約状況の確認やそれに伴う業務、また、口コミを投稿された宿泊客への返信やお礼のメールを送る等の細々した作業を同時進行しています。

夕食のバタバタした時間が落ち着くと、引き継ぎや翌日の準備に追われます。夜間は宿泊者名簿の整理や売上計算、内線での電話応対や領収書作成などの業務が多いようです。
深夜は宿泊客の安全にも気を配るなど、かなりハードで気を遣うお仕事。
宿泊客として心地よく歓迎された時は、感謝する気持ちを忘れないようにしたいですね。